ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

『かえるの歌』を弾く 3才8ヶ月

   

数日前、「ドレミファミレド~」と言いながらおもちゃのピアノ絵本を弾いて見ると、珍しく息子が真似して弾き始めました。

これまでにも何度か、ふと同じように弾いてみたことはあったのですが、真似したのは今回が初めて。

自分にはできそうにないことは決してやらない息子、そしてやろうという気持ちになっても失敗するともうそれ以降は絶対拒否する息子なので、何かにちょっとでも興味を持った時はその興味の芽を摘まぬよう、親の方がものすごく慎重になります。

最初は人差し指を持ちながら、ごくごくゆっくり、「どーーーーれーーーーみーーーーふぁーーーーみーーーーれーーーーどーーーーー」と弾き、それなら自分でも出来ると感じたのか、それから一日何度も「どれみまみれど」と弾いてみていました。(ファと言います(^^;)

間違えず弾けるようになったときは褒めちぎり、息子も自信を持ったのか妹に「すごいでしょーー!」と自慢し「かえるの歌弾いてあげるね!!」と何度も弾き語りをしていました(^^;

スポンサーリンク

↓使っているのはこのピアノ絵本。

そして、翌日、「ミファソラソファミ~」も弾いてみると、それもクリア!
さらに翌日、「ドドドド、ドドレレミミファファミレド」を弾けるようになり、自動的に流れるメロディー(超スローテンポに設定)と一緒に弾けるようにもなりました。

常に自己肯定感が低い息子ですが、何か一つ達成した嬉しそうな気持ちが伝わってきて、それが一番嬉しく感じました。

私は自分がピアノを習っていないので、こういうオモチャの絵本で(とにかく音割れが酷すぎる・・・)、この時期に、こんな風にドレミを教えるのが良いのか悪いのかが全く分かりません(汗)

息子はリトミックを習っていて、4月以降も継続予定なのですが、リトミックの目指すもの(ゴール)も実はよく解っていません(焦)
(先生と個人面談のような雑談をしているので、説明されたのかもしれませんが、、、)

これが例えば勉強面だったら、子供たちの興味を察知し、適切なモノを与えることができそうと感じるのですが、音楽は全然分からない・・・・

楽しんでいるので、こんな感じで遊ぶのはいいのかな・・・

 - 3才 の記事一覧