ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

[乳児湿疹・アトピー] ボツボツ湿疹と乾燥湿疹、保湿のコツ ~生後9ヶ月

      2017/03/06

最近すっかり春めいてきたので、乾燥の冬の対策を振り返ってみようと思います。

息子はアトピーと診断されたことはありませんが、皮膚のがさがさ、ボツボツ、耳切れ、頭皮の乾燥など幾つかの特徴から、恐らくアトピー体質であると思っています。

ただ、主に保湿』でほぼコントロールしてきたので、酷く悪化はせず、何故か『(顔の)肌がきれいですね~』と言われることも多いです。
※外出する前は保湿を多めにするのでキレイになります、何もしなければ恐らくガサガサです。

スポンサーリンク

ボツボツ湿疹と乾燥湿疹

息子の湿疹の種類は、
1.胸、背中、顔に現れるボツボツ(赤く盛り上がっていたり、白にきびのように盛り上がっていたり)
2.手、足、顔のガサガサ
の2種類に分けられます。

ボツボツ湿疹にはプロペト

ボツボツ湿疹・そして耳切れなど皮膚が切れている箇所には、プロペト。
湿疹に蓋をしてガードするイメージです。お風呂上りにたっぷり塗ります。(浴室で塗ってしまうのも効果的)

前回病院で処方してもらったプロペト100g。
大容量で、容器のものよりも衛生的に使えて良いです。

DSC_5164

ガサガサ湿疹にはパックスクリーム

ガサガサ湿疹には、パックスクリーム。
潤いを足してあげるイメージです。特に酷い乾燥のときは、クリームの後に更にプロペトの重ね塗りでフタをしてあげます。

たっぷり保湿で皮膚をガードして冬を乗り切りました!

かかりつけの小児科は、ヒルロイドを好んで処方します。

ヒルロイド
ガサガサの乾燥した箇所にヒルロイドをたまにつけてみますが、可もなく不可もなくという感じで、全く効果を感じられません。(→効果ないのでガサガサが改善しません)。

そこにパックスクリームをたっぷりつけると、翌日にはすべすべになるので、やはり息子にはパックスが合っているようです。

 

 - 乳児湿疹 の記事一覧