ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

4才・2才キャンプが大変だった。(赤ちゃんの頃のがラクだった)

   

週末、息子の4才の誕生日祝いも兼ねキャンプへ行ってきました。
バーベキューやディキャンプ、夫&息子2人のテント泊へはちょこちょこ出かけているものの、家族4人揃ってのテント泊は去年の夏以来。

まぁでも家族だけだし、キャンプ場でのんびり過ごそうと思っていたのですが、、、

4才児(息子・不機嫌期)ともうすぐ2才(娘・イヤイヤ期)連れのキャンプ、予想外に大変でした!!

↑ 棒切れ一本でも「かーしーて!」「だめ!」と争いが勃発。。

スポンサーリンク

息子1才の様子

息子がテント泊デビューしたのは1才4ヶ月頃。
テントの周りの小石で遊んだり、その辺をたたたっーと小走りしたり、キャンプ場にいるとずっとご機嫌。そして18時頃には疲れて寝てしまい、朝までぐっすりでした。
大人は、そのあとゆっくり、炭火で焼き肉を楽しんだり焚火を囲んだりできました。
その後何度かテント泊をしましたが、1才10か月で私が妊娠8ヶ月となったのでキャンプは休止となりました。

娘0才~1才、息子3才の様子

続いて、娘のテント泊デビューは生後11か月。ちょうど10歩ぐらいあるけるようになった時期。
娘も、同じように目が届く範囲で静かに遊んでいました。

息子3才も、キャンプ場内を走り回るだけで楽しい様子でした。

息子4才・娘2才(1歳11か月)

そして、今回、息子が4才となり、娘がまもなく2才のキャンプ。

息子4才

幼稚園に入って以来、家でも外でも常に不機嫌に・・
キャンプ場では楽しそうにしていましたが、時々不機嫌スイッチが入ると、「つまんない」「つかれた」を連発。
去年までは、オモチャなどがなくても自分で楽しいことを見つけていましたが、オモチャや同年代の友達がいなくてつまらない様子でした。

とはいえ、本人はキャンプ楽しかったようで、帰ってから仏さまに「キャンプ楽しかったです、また行きます!!」と自ら報告したり、、今朝幼稚園の先生を捕まえて、キャンプ報告をしていました。。

★ 次回以降は、しゃんぼん玉、ストライダー他息子が楽しめる小道具を色々用意したいと思います。

娘もうすぐ2才

娘はオモチャがなくても小石や棒があれば楽しそうな様子でしたが、突然走り回り危険!!
「そっちへ行ったらいけない」と言えば、言われたことは理解するのですが、超絶イヤイヤ期なのでダメと言われると、余計に突き進もうとしたり、「バイバーイ」と拗ねて遠くに行こうとしたり、とにかく目が離せなかった。
思えば、息子の2才代は妊娠、出産後でキャンプへは行っていなかったのでした。

↑自由すぎる人・・

なかなか大変でしたが、やっぱりキャンプはリフレッシュになります。

今月はあと2回ほどキャンプへ行く予定ですが、今回を教訓として色々対策を練ろうと思います!

 - アウトドア の記事一覧