ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

おむつ替え (1才児)のコツ

      2016/11/29

以前、おむつ替えに苦労していると書きましたが、旦那のように「おむつ替えが楽しい!と思わせる作戦」、そして、フィッシャージムの組み合わせで嫌がられることなく、スムーズなおむつ替えができています。

まずウンチ臭が漂ってきたら、「ん?クチャー!!ウンコした人?」と大げさに騒ぐと、「は~い!」と手を挙げて、息子自らオムツを一枚取ってきてくれます。(→最初に持ってきてくれた時はかなり感動しました!!)

次に、フィッシャージムの音楽をオンにして、タオルを敷いて、ちょうど頭がジムの真ん中に来るように寝かせます。(真ん中がピカピカ光るので光と音でしばらく息子は上を見つめます)

おむつ替え
そして、「くちゃー!くちゃー!」と参った感じをしながらおむつをちぎるとゲラゲラ笑い始めます(→人が苦しんでいると楽しがる息子・・・)

すかさず、
「ちょうちょは?」と尋ねると、
「ちょーちょー!」とチョウチョを掴むので、畳みかけるように、
「キリンさんは?」
「きひんさん!」
「ゾウさんは?」
「ジョー!」
「トリさん は?」
「トリー!」
「葉っぱは?」
「はっぱ!」
と次々に質問し、意識がそちらに行ってるうちにすばやく、おしりふきで拭き上げます。

最後は、「あーいして!」と言うと、「あーい」とお尻と足を挙げてくれるので新しいオムツを履かせて完了!

スポンサーリンク

お義母様が来た時も、(旦那が赤ちゃんのころはウンチ付いたまま走り回って替えさせてなんてくれなかったのに)「おとなしくオムツ替えさせてくれてエライね~」と感心していました。

3ヶ月ぐらい、これでうまく出来ています。そのうち、ウンチのまま走り回るんだろうなぁ(^^;

追記)かれこれ半年間この方法で乗り切っています!(記録更新中)

出産祝いで頂いたプレイジム、支柱はグラグラになりましたが思いの外、長期間活躍中です!

● おむつ替えのコツ

おむつ替えは楽しい時間(=遊びの一環)ということを演出する。
→以前は腕を足で押さえつけていましたが、それは息子にとって不快な時間であったと思います。今はおむつ替えが楽しいので、腕を押さえつけなくてもおとなしくしてくれるようになりました。

おむつ替えをしたらすっきりして気持ちよくなることを大げさに刷り込む

・(動物の名前がちゃんと分かって)スゴイ!エライ!おむつ替えさせてくれていい子いい子!ととにかく褒めて褒めて褒めちぎる!

 

今では旦那よりもおむつ替えマスターになりました!(旦那は手は足で抑えて替えるので息子は時々嫌がる)

 

 - 1才, 育児便利グッズ, おむつ の記事一覧