ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

妊娠12週 クリフム 初期胎児ドック ①

      2016/10/15

初期胎児ドックを受けに、大阪のクリフムへ行ってきました。

クリフム予約の時期

心拍が確認され、出産予定日が確定した10週に電話にて予約しました。

初期胎児ドックは、火、水、木のみで、旦那も同席が必須(午前中希望の場合は必須?)とのことで、木曜の朝9時に予約を入れました。

月・金の診察が可能であれば週末を絡めてゆっくり観光できるところですが、さすがに2日間休むわけにもいかないので、診察の前日の水曜日、会社帰りに駅で待ち合わせして移動することにしました。

新幹線で移動&宿泊

お互いの会社が終わった後に品川駅で待ち合わせをして、遅めの新幹線で新大阪へ。
その日は病院のある上本町駅直結のシェラトン都ホテル大阪に宿泊しました。

夕飯は駅弁を買い新幹線で。翌朝の朝食もコンビニで買っておきました。

新幹線+宿泊は、こちらのプランが割安でした。
日本旅行 JR新幹線+宿泊セットプラン

スポンサーリンク

クリフム受診

翌日は、朝9:00の予約でしたが、5分ほど前に到着した所、待合室には既に2組が座っていました。
問診票を書き、15分ぐらいすると体重と血圧を測ります。更に15分ぐらいして私だけ呼ばれ、カーテンの仕切りのある部屋で着替え、呼ばれるまで椅子で待つように言われます。
この待ち時間が30分ぐらいと長く、『忘れられているのでは!?』と不安になりましたが、予約時間からちょうど1時間後の10時に診察室へ呼ばれました。
スタッフの方から気になることを聞かれたので、『胎児の状態と、卵巣脳腫、子宮筋腫の状態』と告げました。

まもなく、ぷぅ医師が登場、即座にあたたかいジェルをお腹に垂らし、エコーが始まりました。
受診の目的など色々聞かれたりするのかと思いましたが、特に話すことはせず、淡々とそしてキビキビと画像を見ながら各項目の計測が進んでいきます。

2Dエコーの赤ちゃんは、既に7cmになっていて、目に手を持ってこすったり(起きたの?)口に手を持っていっている様子が見れて、とても可愛かったです。先生がお腹をぐりぐりするので、すごく動いています。

首の浮腫み、鼻骨の高さだけでなく、脳や心臓の血流の状態、臍帯の血管の数、内臓、手足の位置、心拍など細かにチェックしていきますが、12週で既に人間としての色んな器官が出来上がっているんだなぁと驚かされました。

旦那も初めてエコー画像を見たのでとても感動したようでした。
(→その後産院でエコー画像・3D画像を見ていますが小さなモニターなので、振り返ってみても、クリフムでの大画面での画像は感動的だったなぁと思います。)

次に4Dエコーでも写してくれたのですが、ずっと背を向けてお尻をフリフリしていました。この4Dエコーの身体付き、そして仕草を見て、旦那も私も、『これは男の子 ではないか?』と感じました。(→見事当たっていました)ぷぅ医師は、その様子を見て初めて顔がほころび「この子はなんかずっともぞもぞしてるね、かわいいねぇ」と話していました。

最後に経腟エコーを行い、一通りの計測が終わると、ぷぅ医師より「一通り見させて貰いましたが、特に気になることはなかったです。卵巣のう腫や子宮筋腫も妊娠には特に影響ないです」と伝えられ、ホッと一安心しました。
(→追記:位置的にも問題ないと言われた子宮筋腫ですが、出産時には産道付近に居座った為帝王切開となりました)

クリフム初期胎児ドック診断結果】へ続く。

 - 胎児ドック, 妊娠初期(1ヶ月-3ヶ月) の記事一覧