ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

授乳用ライト 無印 vs アウトドアランタン

      2017/08/04

最初の妊娠時、授乳用ライトとして、無印のシンプルなフォルムのLEDライトを買いました。(画像:左のもの)

しかし、恐らく初期不良品に当たってしまい、スイッチオンしてから1,2分で勝手に灯りが消えてしまう上に、3,4回使うと点灯自体しなくなる・・で授乳ライトの役目を全く果たしませんでした・・(保証書も紛失して交換も出来ず・・)

IMG_1760
そして使うようになったのが、キャンプで使っているスノーピークのLEDランタン。
無印LEDライト(左)、スノーピークランタン(右)

このLEDランタンは単4電池3本を使用しますが、1回の充電で、明るいモード40時間、暗いモード70時間とかなり長時間使えて、明るい/暗いモードの他にスイッチの長押しで自由自在に明るさを変化させられます。一番暗くしておけば、常夜灯として点けておいてもいいぐらいの暗さになります。

フックの部分は磁石になっているので、引っかけておくことも出来き、授乳時期が終わった後も、キャンプや防災グッズとして活躍するお役立ちグッズです。

ただ、押すのにちょっとコツと力がいるので、授乳用だけだったら、こちらの口コミ評判が良いライトの方が良いかも知れません。
こちらは、持ち運びもできるようです。

追記)第二子・娘の新生児期は、2回ぐらいで乳首をちゃんと咥えられないと物凄い怒ったので灯りは必須でした。
しかし、そんな娘でも、生後4ヶ月ぐらいからは、適当に乳を差し出せば、真っ暗闇でも顔をぶるぶるっとさせ、ちゃんと咥えられるようになり、ライトは要らなくなりました。
必要なのは期間限定なので、もっと安いものでも良いのかもしれません。

いずれ成長したら、キャンプやアウトドアをやりたい!と考えている方なら、キャンプ用のランタン、おすすめです。それか、役立つという点では防災用のランタンも良いかもしれません。(明るすぎないもの)

 - 育児便利グッズ の記事一覧