ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

2人目赤ちゃんはベビーベッド必須!

      2017/02/06

出産前に友人からベビーベッドを譲り受けました。

1人目の息子の時は、夜は私と一緒の布団で添い寝、昼間は、床に敷いた布団にゴロンとさせておくか、バウンサーに乗せていて、特にベビーベッドの必要はなかったのですが、2人目はベビーベッドがあって良かったです。
というか、ベビーベッドがなかったら息子(2才)に踏みつけられそうで怖かったです。。

スポンサーリンク

頂いたのは、KATOJI(カトージ)のミニベッド。

ミニベッドというだけあり、他のベビーベッドに比べると小ぶりなようですが、狭い我が家に置くと、大きく感じます。

KATOJI ベビーベッド
病院のコットは置くと泣いていたので、『ベビーベッドの上で寝るかなぁ』と心配でしたが、今の所、母乳を良く飲み、良く寝てくれています。
※夜は私のベッドで添い寝です。

IMG_2107
起きている時は、ベッドを皆が居る方に向けると(キャスター付き)、こちらをじっと見ています。

また、おむつ替えも、床ではなく、このベビーベッドの上で行うと、腰・帝王切開の傷に響かずラクチン!

自分だと木のナチュラル色を選びそうですが、ホワイトがインテリアにマッチして人が来た時に「この色いいね~」と言われます。ベッド下の収納も娘関連のものを置けて便利。

息子もたまに、赤ちゃんをトントン触りに行きます。

DSC_3089特に、娘が泣くと私より先に気付いて「どうしたの?赤ちゃん」と駆け寄ります。微笑ましい光景^^

ベビーベッドを貰うまでは、走り回る息子から赤ちゃんを守るため、ベビーモニターを用意して昼間は別室で寝かせて置こうと思っていました。

追記)
生後6か月後半、ベビーベッドは次の赤ちゃんの元へ。
娘がベッドをあまり使わなくなってからは、息子が秘密基地のように、おもちゃを並べてゴロンとする遊び場となっていました。
使用期間としてはそんなに長くはありませんでしたが、ベビーベッドがあって本当に助かりました。

 - 出産準備品, 生後0ヶ月 の記事一覧