ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

プレイジムは手足を鍛えるのに役立つ?【娘編】 生後2ヶ月

      2016/09/24

最近、起きている時間が長くなってきた娘、寝ているベビーベッドに近づいてあやすとニコニコするのですが、離れるとふぇーーんと泣きます。どうも1人にされているとつまらなさそうな感じ。

息子の同じ頃を振り返ってみると、生後2ヶ月~3ヶ月はプレイジムで良く遊び、その延長で寝返りが出来るようになっていました。

プレイジムは息子が乱暴に扱い過ぎて支柱がグラグラしているのと、息子がいつも部屋中を走り回っているので、プレイジムに赤ちゃんを寝かせると勢い余って踏んでしまいそうで、今まで殆どプレイジムに寝かせていませんでしたが、息子が寝ている時や、テレビを見ている時に寝かせるようにしてみました。

スポンサーリンク


すると、ぶら下がってるオモチャ達に興味津々な様子。
何度か娘の腕を持って、『コツン』とオモチャを触らせてオモチャがカラカラ鳴ると、ニコニコ。

dsc_3981_20160922_287そして、見守っていると、腕を上げて自分でおもちゃをコツンとし始めました。
「えい!」

dsc_3980_20160922_286 そして、足もオモチャに触れるように両足を持ってコツンとさせると、それまで足を自分で動かしませんでしたが、パタパタと天井に向かって持ち上げるようになりました。

娘はバウンサーは余り好きではないようですが、プレイジムは、昨日、今日と寝かせておくと、1時間以上ご機嫌で遊んで居ました。

追記)すっかり忘れていましたが、息子も同じ時期、バウンサーを一時嫌がり、プレイジムの方が楽しんでいたようでした。

 - 生後2ヶ月 の記事一覧