ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

出産で退職する場合は、失業保険金の延長申請を忘れずに!

   

現在0才児、2才児を子育て中につき、専業主婦をしていますが、登録していた派遣会社から在宅ワークの依頼があり(⇒その時は臨月だったのでお断りしました)、仕事再開について検討することにしました。

ちなみに、元々は、派遣で働いていて、長男の妊娠6か月の時点で退職しています。
派遣社員として働いていたので、出産・育児休暇制度などはなく、その時は、『出産後に働く』ということについては考えていなかったのですが、一応「雇用保険の延長申請」は行っておきました。
この延長申請を行っておくと、通常、雇用保険が貰える期間は1年間のところ、3年間に延長されます。

雇用保険の受給期間は、原則として、離職した日の翌日から1年間ですが、その間に病気、けが、妊娠、出産、育児等の理由により引き続き30日以上働くことができなくなったときは、その働くことのできなくなった日数だけ、受給期間を延長することができます。ただし、延長できる期間は最長で3年間となっています。

延長申請はハローワークで簡単に手続きして貰えるので、妊娠・出産を機に退職する場合は、一応申請して3年に延長しておくことをお勧めします!

申請の際の注意点としては、

この措置を受けようとする場合には、上記の理由により引き続き30日以上職業に就くことができなくなった日の翌日から起算して1か月以内に住所又は居所を管轄するハローワークに届け出なければなりません。(代理人又は郵送でも結構です。)

と、退職した日の翌日から1か月以内にハローワークで手続きをすることです。

引用:ハローワークインターネットサービスHP

スポンサーリンク

私の場合、退職したのがH25年の1月末、延長申請を行い、延長期限が3年後のH28年の12月末となっていました。
この間、第二子を妊娠したため、再度延長申請が出来るかとハローワークに行った所、延長は1度のみということでした。
H28年12月というと第二子が生後6か月なので、まだ働ける時期ではないなと思ったのですが、その時に、「申請から1年間が給付期間なので、H29年12月までは受け取れますよ、なので1才過ぎた頃に仕事を探し始めたら良いのではないでしょうか」と伝えられました。
そして、出産・育児に追われ、、気が付くとH28年12月は過ぎ、、あららと思っていたのですが、今日ハローワークへ行ってみると、普通に手続きができました!?
H28年12月の期限はなんだったのか?(延長期限はH28年だけど給付期限はH29年なのだそうです。わかるようなわからないような)
なので、実質退職して3年半過ぎたぐらいに、もしかしたら仕事探しを再開するかも?という場合は、延長申請をしておけば、雇用保険を受け取ながら仕事探しを再開できます。

【仕事探しを再開する時に必要な書類】
・雇用保険被保険者離職票1,2
・身分証明書(運転免許証等)
・本人名義の普通預金通帳
・写真2枚
・母子手帳
・マイナンバーカード

 

 - 出産準備品 の記事一覧