ゆる子育て、ときどきアウトドア

イヤイヤ期の3才息子・プレイヤイヤ期突入の1才娘との日々の記録です。

今更ながらベビーゲート ~生後9ヶ月

   

息子の時は、ベビーゲートを買わず、ダンボールを並べて乗り切ったのですが、
はいはい対策にダンボールでベビーゲートを自作

娘は、
● ダンボールによじ登れるようになってしまった
→ 息子は、よじ登りませんでした。
● この囲いの中に私が一緒に居れば、ご機嫌で遊んでくれますが、一歩外に出ると号泣するので、家事はできない
→ 息子は一人で囲いの中で遊んで居られました。
● 2才の息子が、ダンボールの上を猛ダッシュで駆け抜けてジャンプで飛び降りるので危険&下の家から苦情が来そう
● 目を離すと、2才の息子がカバーを外し、ダンボールをちぎって中にオモチャなどを入れてりして、ちぎった紙は娘がムシャムシャ食べる

ということで、今更ながらベビーゲートを買い足しました。

突っ張り棒方式で、ねじ止めなどが不要で取り付け簡単でした。
木製のしっかりしたベビーゲートなどに比べると値段も安いです。

スポンサーリンク

この高さであれば、乗り越えられません。

キッチンの真後ろに設置したので、料理ができるようになりました。


後ろを向くと「あっば!」と屈伸しながらいないいないばあをして喜んでいます。

そのうち破壊されそうな気もしますがしばらく様子をみたいと思います。

 - 育児便利グッズ の記事一覧