ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

ポピー きいどり(年少向け)4月号が届く

   

ポピーきいどりの4月号が届きました。

入会前に取り寄せた体験版の冊子を同じ問題が何ページか乗っていて、それはどうやればいいのかが分かっているので、私が見る前に、息子一人でどんどん進めていました。
しかし、どの問題もちょっと考えさせる要素があり、基本的には親と一緒に進めていく感じです。


こどもちゃれんじだと、DVDを見せている間は休憩タイムだったりするのですが、ポピーではそういうわけにはいかなさそうです(^-^;

「あかずきん」のお話しもありました。
この絵本ページに関しては、こどもちゃれんじは、主に生活習慣やルールが絵本になっていて、内容的には濃いものではありませんでしたが、このような世界の名作が載っているのは良質だと感じました。
息子は、未だにこどもちゃれんじ ぷちやぼけっとの冊子を自分で読んだり、私に読むようにせがむのですが、もう読まなくてもいいんじゃない・・?と感じることも多々。
それに比べるとポピーの冊子は繰り返し読むに値する内容だと思いました。

スポンサーリンク

これはレストランごっこのセット。
こどもちゃれんじだと、入会斡旋のDMに入っていそうですが!?表が調理前の画像、裏にすると調理後の画像になるのが結構画期的!
↓実際、こどもちゃれんじのDMに入ってたブロッコリー(左)とポピーのブロッコリー(息子の手で見えづらいですが)、がほぼ同じクオリティという。

総じて、ポピーきいどりは大満足です。
こどもちゃれんじほっぷ(年少向け)は、幼稚園が始まる新生活を不安にさせないようする内容色が強いと感じましたが、それはしまじろうではなくても良いかなと思います。
ポピーは新生活や身支度などは扱わず、季節や自然についてだったり、工作だったり、手先が不器用な息子が今取り組むのにはぴったりな内容でした。


 - 月間ポピー の記事一覧