ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

めいろ好きな4才に100均のめいろがヒット。

   

最近の4才息子、ダイソーの『迷路&さがし絵』にハマっています。


息子がめいろ好きになったのは、ここ半年ぐらいで、とりあえずダイソーの3才か4才向けのめいろの本を買って一緒にやっていました。
そのめいろが楽しかったのか、毎日黙々と見続けていて、ものすごい速さでなぞるようになってきたので、5才、そして6才のめいろも買い足しました。

5才のめいろ。ねこに会わないようにゴールするというもの。同じ問題の6才。あんまり難易度は変わらない気も。
これは、規則に乗っ取って進んでいく問題。
5才
6才。やはりあんまり変わらず。
実は、5,6才のめいろは、一緒にやったことはなく、自分で巻末にある答えをみながら解いています。

どちらが大きいかをぱっとみて判別するような問題は、ポピーでも出てきていました。
最初は、ごく普通のめいろを想定していたのですが、けっこう知育要素もあり、切って貼る工作もあり、幼児の知育的なことはもう100均で十分なんじゃないかと思います。

6才のめいろでも物足りなくなってきたようだったので、迷路&探し絵というのを買い足し。

年齢設定は書いていませんが、息子には難しかったようで最初は「わかんない!!いっしょにやって!!」と言っていてやっていましたが、最近は一人で、朝、昼、晩には必ずこれを見ていることが多く、途中でごはんだよ~、おふろだよ~と言っても、「めいろやってから!!」と言います。

息子は何故かペンなどでなぞらないのですが、なぞっても100円だと何回でも買えるし、100円なのに良問揃いでオススメです。

 - 4才 の記事一覧