ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

4才息子の夢とぱりぱりサラダ

      2019/01/26

先日息子が突然「ボクね、今日の夜ごはんに、ぱりぱりサラダを作りたいんだ!」と言い出し、パリパリサラダってなに??と聞いてみると、Z会のDMに入っていた冊子に載っていたらしい。
材料は、レタス、海苔、ミニトマトで、ドレッシングは市販の物でもいいとのこと。
でも、ちょっと待った!!息子はレタスとミニトマトは食べれないんじゃないか・・??

「うん、ぼくが食べられるのは海苔だけなんだけど・・」と言うが、ママとパパに作りたいと言うので、作ってもらう事にしました。

息子がちぎっていると、
もれなく「●●も!!」と漏れなく参戦する妹。
すっごく小さく小さく、一生懸命に海苔をちぎっていました(^^

完成!!
今までサラダに海苔を入れたことがなかったけど、海苔の風味とパリパリ感でかなり美味しかった!

夏に届いたZ会のDMには、アルミホイルにバナナをくるんでトースターで焼く、焼きバナナが載っていて、それも息子が作りたい!と飛び付いたのですが、4才、いや2才でも自分で作ることができる、また作れそうと思えるZ会の設定が絶妙だなと感じました。
「美味しい美味しい」と言うと「そうでしょ!ぼくが作ったからね!!」と得意気でした(^^

スポンサーリンク


その前日の夜、ふと息子に「大きくなったら何になりたい?」ということを聞いてみたのですが、まだよくわからない様子で、
「シンカリオンが大好きだから、新幹線の運転手さんかな??」と例を出してみると「新幹線はいっぱい走らないといけないから疲れちゃう」と新幹線の運転手さんはちょっと違うらしい。
そこで今度は「●●先生(幼稚園の男性教諭)みたいな先生??」と円で人気な先生の名前を出してみますが、それも違う様子。

が、しばらくして、息子がモゾモゾしながら、「あのね、実はね、ぼく、やりたいことがあるんだ」と恥ずかしそうに言い出すので、「なあになあに?」と聞いてみると、

「このオウチのキッチンで、いろんな料理を作りたい」

と言うのです。
「パパみたいに、フライパンでえいってやって、スーパーチャーハンを作る」

更に、
「おべんとうも作る!」

更に更に、
「おやつもつくるよ!、牛乳はいつも何分?(牛乳はいつも電子レンジで温めている)」
「40秒あたためているよ」
「40秒ね!」
と、次々に頼もし過ぎる発言をして感動してしまいました。本当にそうなったらいいなぁ(^^

そんなやりとりを受けての翌日のサラダ作りだったので、息子の中で料理ブームが起きているのかもしれません。

私の母は、私がキッチンに近づこうとすると、必ず「今忙しいからあっち行ってて」と言う人
でした。
フルタイムで働いていたので、特に夕飯時は子供と一緒に料理をする余裕などなかったのだと思います。
母になるとその気持ちは良く分かり、同じようにキッチンでまとわりつく子供達二人を「今急いで支度するから、あっちに行っててね」と追い払うことがあります。
でも、子供は、料理を手伝いたい気持ちの他に、母親がすることを見ていたい気持ち、そして母親のそばにくっついていたい気持ちがあり、それを無下にあっち行っててと言われるのは悲しいと知っている筈なのに反省。。息子がこんな風に料理に興味を持っている気持ちは潰してしまわないようにしようと思いました。

 - 4才 の記事一覧