ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

積み木が好きな2才娘

      2019/01/26

2才半の娘は、赤ちゃんの頃から積み木が好きで、積み木を積むときは、ものすごく集中します。

全部積めると、にっこりして、「ママー、写真撮って!!」と言われます(^^
2段目ぐらいから、もう倒れそうだなと、見ているこちらは冷や冷やするのですが、絶妙なバランス感覚で積み上げていきます。
そして、ガッシャーンと派手に倒れても、平然として「もう一回」と再び積み上げ出すのが娘の凄い所。
これが息子だったら、「うわああああん!!たおれちゃった!!もうできない!!」と派手に泣き叫んで二度とやらないと思いますが、娘はそういう素振りを見せたことがありません。普段のイヤイヤは酷いのに不思議。

今日、おぉスゴイと思ったのはこの作品。倒れないように土台を強化しています。
形も面白いなと思います。(几帳面な息子には作れなさそうな形)

スポンサーリンク


息子はある意味、突出している成長(記憶力、読解力)が分かりやすいのですが、見本通りでないとダメだったり、ルールを重んじすぎて、毎日大変そうだなと感じる部分があります。(例えば、こちらが言い違いをしたり、あるべき場所にモノがなかったりすると泣き喚く)

一方、娘は息子とは成長度合いも性格も全く違い、文字などはまだ一文字も分かっていませんが(息子は同じころひらがな、カタカナを理解してた)息子にはない才能がありそうな気がしています。
それがどういう分野なのか、どう伸ばす手助けができるのか、息子のようにはまだ掴めていません。
息子のように、(自分や相手が)思い通りに行かなくてわぁぁーんとはならないので、娘の方が、柔軟性を持って生きていけるのかなぁと思ったりします。

まだ2才ですが、同じ兄妹でも全く違うので、観察していると本当に面白いです(^^

 - 2才 の記事一覧