ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

弱視の疑いで眼科を変える

      2019/02/16

3才時検診以来、視力チェックに眼科に通っています。
3か月に一度経過フォローに通っているのですが、毎回「まだ検査に慣れていないと考えられます」で済ませるのが気になり(親がそばで見ていて、検査に慣れていないことはない。)
また、視力をチェックする看護師さんも、良い視力をなんとか出そうと??息子が見えづらく、手に持っているCをグルグル回し始めると正解になった場所で「そうそう!!正解!!」と、実際より1,2度良く計測しているんじゃないかと感じてきました。

先日、4才8か月の結果は、
●左 裸眼 0.7 矯正 1.0
●右 裸眼 0.6    矯正 0.6

で、右眼は、矯正しても視力が上がらないので、初めて弱視の可能性があり、将来つけない職業が出てくるかもしれないと言われました。が、それ以上検査をするという訳ではなく、次は3ヶ月後に来てくださいでおしまい。

さすがに、もう5才近いので、別の眼科を受診することにしました。
夫に連れて行ってもらった結果、
●両目 裸眼1.0
●左 裸眼1.0 矯正1.0
●右 裸眼0.8 矯正0.8
で、乱視と遠視の数値が高く出ているとのこと。
また、4才の知能で検査に慣れないというのは考えられない、早期の治療が必要で遅いぐらいということでした。

ずっと別の小児眼科を受診するべきと感じながら、自分の病気や、通える範囲に眼科がない、一応眼科で経過を見ているから大丈夫かな、などの理由で後回しにしてしまい息子には申し訳なさでいっぱいです。

 - 弱視 の記事一覧