ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

こどもちゃれんじEnglishのハンバーガーの歌って!!

      2019/04/25

1年ほど前、息子が3才の時に『こどもちゃれんじEnglish』を3ヶ月分だけ受講しました。
この時に届いたおもちゃは、息子よりも1才の娘がものすごく気に入り、毎日ずっと遊んでいる時期がありました。

その時のDVDは車に置いてあり、たまに車内で観ることがあるのですが、そのためか、娘は未だに「A hamburger to go ~♪」と鼻歌を歌うことがあります。

↓この曲。(NHKえいごであそぼに出演していたKikoお姉さん、おキレイ!)

こどもちゃれんじの曲は、耳に残る名曲が多いと思うのですが、このハンバーガーの歌(The Hamburger Chant)は、単調でなんか変な歌だなーと感じていました。


それが先日、車内でこの曲が流れた時、一緒に英語を歌う娘の横で、突然息子が、
「(a hamburger to go)これっくらいの (a hamburger to eat)おべんとばこに (take a bun)おにぎり (take a bun)おにぎり (take a bottom bun)ちょいとつめて」と日本語を乗せて歌い始めました。

えええそうなの!!!???

ハンバーグの歌って、お弁当箱の歌の曲なの!?

音楽センスない私は全ーーーく気が付きませんでした。

馴染みがある曲なので娘もよく歌うのかもしれません。

息子は赤ちゃんの頃から、窓の外の小さな音にも反応する聴覚過敏な傾向があったのですが、それを音楽的に引き上げてくれたのは2歳から続けている音楽教室(リトミック)のおかげかなと感じています。
今は特に英語は何もしていませんが(Eテレのえいごであそぼを見るぐらい)、聴覚が研ぎ澄まされて、将来、ヒアリングが得意になったらいいなと淡い期待をしています。

※ こどもちゃれんじEnglishを3ヶ月で退会したのは、受講費が高いからで、余裕があれば継続したかった教材です。こどもちゃれんじEnglishのおもちゃは未だに二人ともよく遊びます。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ
先日も家に届いたダイレクトメールにDVDが同封されていたのですが、二人ともそれはそれはゲラゲラ笑い、「more please (もっとちょうだい!)」を覚えて使うようになりました。(ウンチmore please・・・なんて感じですが。。)

 - こどもちゃれんじ の記事一覧