ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

4才、縄跳びを飛ぶには?

   

体操教室に通っている息子。
毎回縄跳びを練習する時間があるのですが、まだ上手く飛ぶことができません。

今の、息子の飛び方は、
両手で持った縄跳びを後ろから前にバチンと回して、縄を走るみたいに飛び超える感じです。(両足ジャンプができていない)

何も教えなくても、数か月後か来年ぐらいには飛べるようになりそうですが、毎日幼稚園で年長さんを中心に大縄跳びをしていて、「ボク、大縄跳びできないんだよね。。」とちょっと寂しそうに言うので、家でも少し練習させてみようと思いました。

体操教室の縄跳びの様子を見て感じることは、

● そもそも、使っている縄跳び(ロープ)が飛びにくそう
教室指定のロープの縄跳びは、縄跳びを畳んでいる時の癖で折れ曲がっているのと、長さ調整が難しく、飛び辛そうに感じていました。

● リズミカルにジャンプすることができない、両足で着地できない。

という点で、違う縄とびを用意して練習することにしました。

購入したのは、「ビーズ縄跳び」Amazonで700円ぐらいでした。

この縄跳びだと、縄自体が折れ曲がって変な折れ曲がりがつくことがなく、適度な重みもあり、長さも変えられるので、ロープ縄跳びよりも断然使いやすそうです。

ビーズ縄跳びを使ってみた感想

一度目は公園で、二度目はキャンプで使ってみました。
縄跳びとして飛ぶのはあまりやりたがりませんでしたが、縄をにょろにょろとさせて、飛び越えたり、縄を高くして、助走をつけてハードルのように飛ぶのは楽しかったようで、子供達二人で、ずっとジャンプし続けていました。

へびさんジャンプ!
娘も。
2才の娘の方が縄を持っての両足ジャンプが上手でした( 一一)

2回の練習の結果、両足で着地するということは分かったようです。

リズミカルに飛ぶのは、まだ時間が掛かりそうですが、もう少し飛べるようになったら追記したいと思います。

とりあえず、縄跳びは買って良かったです!

 - おもちゃなど の記事一覧