ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

くもんの日本地図とさんかくタングラム

   

今年の盆休みは、四国をキャンプしながら九州に帰省したいなと考えています。
そんな話を聞いていた息子(5才0ヶ月)、久しぶりに日本地図パズルを取り出し、自宅の県→四国→九州の県をはめてルートを確認していました(^^;

そして、その後、夫に難しい問題を提案します。
白いピースを全て裏返し、例えば一人が「愛知県は?」と問題を出し、もう一人がそのピースを探して正しい位置に当てはめるというもの・・
↑この状態では、さすがに夫も特徴がある県以外は分からず、息子がほぼ答えなヒントを出してあげていました。。

それにしてもなぜ、都道府県の形や位置、漢字を正確に覚えることができるんだろう???

スポンサーリンク


そして、その隣でひっそりと、さんかくタングラムを完成させる娘(3才0ヶ月)
皆都道府県パズルの方に注目している間に、自分でくるくるしながら、最後の問題まで完成できてしまいました。
息子の同時期は、まだ一人ではできず、ちょっとでもできないと「わーーーーー」と泣きさけんでいたので、娘はすごいなと思うのですが、息子や夫にはあまり凄さが伝わらないようでした(^_^;

兄には知育的なものを色々買ってきましたが、娘はいつまでも赤ちゃんのような気がして、娘のために何か買うことはほとんどありません(汗)。それでもこうやって自主的に遊び、どうやらパズルが得意ということが解ってきたので、パズル的な何かを買い足そうかと思います。

総じて感じる事は、くもんの知育おもちゃのクオリティは素晴らしい!

 

 - おもちゃなど の記事一覧