ゆる子育て、ときどきアウトドア

内弁慶な4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

2才からの工作は、きってはってこうさくブック

   

息子が2才ぐらいの頃から、市販のこうさくブックを色々試してきましたが、一番良かったのが、
「きってはってこうさくブック」シリーズです。

一冊1,000円ぐらいとなかなかのお値段なのですが、手先が不器用な兄も、器用な妹も、何ページもやりたがります。
「(このページ)やりたかったのに!!(泣)」とたびたびケンカになり、1は二冊買いました…

イラストもカワイイのです。↓こうさくブック1より。

立体工作ではないので、保存も場所を取らない所も良い所です。

かつては、こうさくブック3が発売されていたようですが、残念ながら現在は発売されていないようです。
(ちなみに1と2で難易度が上がっているかといわれると、そういうこともなさそうです。)

スポンサーリンク

100均や、ネットにも同じような工作ブックはあるのですが、紙がペラペラ過ぎるのか二人とも見向きもしません(涙)
3冊作り終えてしまったので、またこうさくブック2を買い足そうかなと思っていたのですが朗報が!!

「もっといっぱい」きってはってこうさくブックが発売されていました!

こちらは、切り取る絵柄がぐっと小さくなった印象です。
対象年齢も、今までのシリーズが、2,3,4才だったのに対して、こちらは、4,5,6才となっています。

早速、5才の息子が、「オレ7ページやる!!」と言って、切り貼りしだして、終わると、妹に見つからないように隠していました(^_^;

ハサミも色々使ってきましたが、しまじろうばさみが一番使いやすいようです。

ブルーが発売されてますね!

みみりん

セロハンテープは、台がしっかりしているものだと、2才から自分で使う事ができました。(100均)

冬休みは、色々工作してみたいと思います。

 - おもちゃなど の記事一覧