2才

小1息子の読んでいる本

ブログの更新が滞っていますが、息子は無事小学校に入学しました。
今の所、小学校は楽しい様子で、帰りは知らない子と親し気に話しながら歩いて来るので、あのお友達の名前は?と聞くと「知らない」と答えますが・・・楽しく通えて何よりです。
ただ、環境の変化で無意識のうちに疲れは貯めているようで、帰宅後は静かに本を読んでクールダウンしている様子です。

ということで、最近息子が読んでいる本を記録しておきたいと思います。

去年(年中→年長)の春休み、新型コロナウイルスのサバイバル1,2を購入してからハマっているサバイバルシリーズ。
図書館で予約しては借りてきて、ほぼ全巻読み終えました。
昆虫世界のサバイバル1~3のうち2はカブトムシ、クワガタ、ハチ、セミなど身近な昆虫が出てきて楽しそうでした。

このサバイバルシリーズのおかげで、得た知識、漢字の読みは数知れず、手に取ってみて良かったなと思うシリーズ作品です。
韓国の本の翻訳ということもあり、開きが逆だったり、絵が日本のタッチとはちょっと違ったり、私は数ページいつも見るものの、読みづらいなと感じるのですが、この1年は息子はどのシリーズ本より、サバイバルシリーズにハマっていました。

このサバイバルシリーズを読み始めた頃、漫画に凄く興味を持ち、暇さえあれば、家にあるドラゴンボールやハンターハンターを読み漁っていました。
さすがに、幼稚園生には文字も小さめだしどうなのだろうと思い、サバイバルシリーズや他の漫画を与えてみることにしました。

歴史のタイムワープシリーズ。
サバイバルシリーズにタッチが似ているのでハマるだろうと思ったのですが、意外とハマらず、あれば読む程度です。

やはり歴史書もサバイバルシリーズが良いようです。

 

歴史人物、戦いの名前も凄く興味を持っていて、豊臣秀吉、源義経あたりが好きなようです。

 

こういう人物図鑑なども凄く覚えるのですが、息子にとっては、歴代の仮面ライダーを覚えるのと同じなのだなと感じます。

私は日本史選択だった筈なのですが、もはや歴史に関しては、息子の方が詳しいです。

そして、先週小学校で図書室の使い方を教えてもらい、借りて来た一冊目の本は、

やっぱり漫画かい!
男の子に人気なようです。

漫画以外では、こちらが面白かったようで、電卓をたたきながら本を読んでいます。

-2才

© 2021 ゆる子育て、ときどきアウトドア