おもちゃなど

音の出る絵本『どうようえほん』

童謡・手遊び歌ブームな息子に買った「どうようえほん」
友人から音の出る絵本はメロディーだけのものではなく、歌詞を歌ってるものが良いよ~と教えてもらったのですが、メロディーだけで歌詞カードが付いているものは、歌詞カードは子供がビリビリに破いて紛失するので、確かに、ちゃんと歌っているものが良いです。

どうようえほん最近、同じように音の出る絵本がどんどん増えて行っている我が家ですが、これが一番落ち着きます。

(こどもちゃれんじ ぷち4月号にも音の出る絵本がついているのですが、効果音が派手すぎて何度も再生すると、うるさく感じます。)

息子が一緒に歌うのは、『アイアイ』、『かえるの歌』、『おつかいありさん』などで、ありさんは、「ありさんとありさんがごっつんこ~」を再生しては、私めがけて全速力で「ごっつんこ」をしに走って来るのですが、息子は物凄い石頭で、いつか私の鼻の骨か歯が折れるのではないかと怯えています。

スゴイ!と思うのは、それぞれの歌のボタンの位置を覚えていて、私が無意識で鼻歌を歌っていると、即座に再生してくれます。また他の絵本にも同じ歌が収録されている場合は、そちらも再生します。

また、一番のお気に入りは「しゃぼんだま」のようで、ふとした時に再生するのですが、妊娠中のこともあり、、特に2番の歌詞があまりにも悲しすぎてやめて~!と思います。

暗めの歌が好きなのかなぁ。

ただこの絵本、不良品だったのか2日目ぐらいから物凄く音割れしています。
なので交換しようと思ったのですが、息子が早くも歌詞カード部分をビリビリ破いてしまい交換できなくなりました・・

追記)1才の妹もこのどうようえほんは大好きで、毎日再生しています。
お兄ちゃんと違うのは、1曲を最後まで再生することはまずなく、次々に違う曲を再生すること(飽きっぽい??)、曲の配置は全く覚えていない。
『アイアイ』『おさんぽ』『とけいのうた』など明るめの歌が好きな模様。
「アイアイアイアイ だよ~、 しまの~」などフレーズの最後をタイミングを合わせて歌う。

 

-おもちゃなど

© 2021 ゆる子育て、ときどきアウトドア