ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

たまひよ「はじめてのえいごのおうた」絵本

      2018/03/30

最近の息子のお気に入り、たまひよの英語の音楽が流れる絵本。
英語の歌が20曲入っています。

我が家では、歌が流れる絵本が増殖中で、、何冊もありますが、『息子凄い!』と思うのが、それらの曲を全て覚えていて、さらに配置も記憶していること。

えいごのおうた
私が無意識で鼻歌を口ずさんだり、テレビで例えば「鯉のぼり」という単語を話していたりすると、ちゃんとその曲を再生して得意気な顔をします。

スポンサーリンク

私はボタンに書かれている曲名を見てどの位置に何の曲が入っているかが分かりますが、息子はどうやって記憶しているのかがとても不思議です。

また、私が何かの時に「あとはね~」と言いながら歌を歌い始めたのか、ここ毎日息子は「あとね!あとね!」(=次の曲歌って!)と私に収録されている歌を歌わせて、それを再生するという遊び?にハマっているようです。

日本語の童謡なら良いのですが、この英語の歌絵本に入っている曲は私は半分も覚えていないので、「あとね(歌って!)」と言われても歌えないのですが、、イントロではなくて途中のワンフレーズでも歌えばちゃんと正確に再生してくれます。

そんな息子を見て、旦那と「天才!!」と言い合っていますが、トーマスやアンパンマンのキャラクター、電車の種類を全て暗記する子が多いように、幼児の一時期は驚異的な記憶力が備わっている時期なのかもしれません。(その後成長すると、普通の記憶力になるようですね(^^;)

 

追記)
娘が同じぐらいの月齢になりましたが、娘の場合、ワンフレーズのみ再生して(一緒に歌って)、次々と違う曲に移ります。私に歌うように促すこともないし、配置も全く覚えていません。
でも英語の歌は好きなようで、数ある音の絵本の中でもこのえいごの絵本を良く再生します。
マザーグースの基本的な歌が収録されているので、他で同じ曲を機会も多く、買って良かった一冊。

 - 1才, おもちゃなど の記事一覧