ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

帝王切開の入院で必要な持ちもの

      2016/05/25

出産をする産院は、タオル類やパジャマ、歯ブラシ・化粧水などのアメニティに至るまで、必要なものは殆ど用意されているので、実は持っていくものはあまりありません。

産院の冊子に書かれている必須の持ち物

診察券・保険証

母子手帳・筆記用具

産褥ショーツ2枚(2枚は産院で用意)

授乳用ブラジャー

赤ちゃんの授乳に必要なガーゼハンカチ4枚(一度洗ったもの)

退院時の赤ちゃん用衣類
→コンビ肌着+エイデンアネイのおくるみで退院しました。

その他必要なもの

化粧品類
→入院中は基本的にすっぴんですが、人が訪ねて来た時や退院時用に。

退院時の本人の服
→てっきり出産をしたらお腹は元の大きさに戻るものかと思い、妊娠前に着ていた服を持参しましたが全然入りませんでした…(→子宮が元の大きさに戻るまでには1,2ヶ月ぐらいかかります)

乳頭ケアオイル
→母乳を考えている場合は必須!
[出産準備]乳頭ケアオイル

生理用ナプキン(夜用・羽根付き)
→ 悪露用。

赤ちゃん用おむつ・おしりふき
→産院でも1パックくれますが、一日10回ぐらいおむつ替えをするので、すぐに使い切ってしまいます。
産院で買い足すと割高なので、持参する方が良いです。
[出産準備] 新生児のおむつ用品

赤ちゃん用爪切り
→ 病院でも切ってくれますが、角がギザギザしていたりすぐに伸びて顔にひっかき傷を作るのが気になり、旦那に持ってきてもらいました。

一眼レフカメラ
→赤ちゃんを一眼レフカメラで撮影。eyefiというカードを使用すると、撮影した画像をスマホやPCと同期できるので、24時間一緒に居られない旦那と画像を即座に共有できます。

高額医療限度額認定書
→事前に健康組合に申請して発行してもらう必要があります。
これを提示すると窓口での支払いが約8万以下になります。(提示しない場合は、数ヶ月後に返金されます)
医療保険の医師の診断書記入用紙
→加入している医療保険に入院・手術の診断書のフォーマットがあれば、それをプリントアウトして退院時に提出しておくと何度も病院に行く手間が省けます。

印鑑
→念の為持参。

【出産後に申請】
出産一時金申請書
健康保険組合家族加入書

 - 出産準備品 の記事一覧