ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

出生に関連する書類

      2016/06/04

出産前に準備する書類

高額医療限度額認定書
→事前に加入している健康組合に申請して発行してもらう必要があります。
これを提示すると窓口での支払いが約8万以下になります。(提示しない場合は、数ヶ月後に返金されます)
医療保険の医師の診断書記入用紙
→加入している医療保険に入院・手術の診断書のフォーマットがあれば、それをプリントアウトして退院時に提出しておくと何度も病院に行く手間が省けます。
参考:アフラックの場合
[アフラックHP] アフラック医療保険 給付金・保険金の請求

出産後に申請する書類

加入している健康保険組合または、国民健康保険の内容を確認

出産一時金申請書
旦那の会社の健保は、一時金として3万円受け取れます。

健康保険組合家族加入書
産まれた赤ちゃんを健康保険組合に加入するための書類

市町村関連


出生届

産まれた日を含めて14日以内
1.届出書(病院・診療所にあります。届書の右側に医師又は助産師が記入した出生証明書が必要)
2.届出人である父又は母の印鑑(朱肉を使うもの)
3.母子健康手帳
4.健康保険証
5.児童手当の振込先が確認できるもの(通帳等)

児童手当
子供一人当たり1万5000円給付されます。

産まれた日を含めて15日以内

1.申請者(生計の中心となる方)名義の口座情報がわかるもの(通帳等)」
2.申請者本人の健康保険証」

 - 出産準備品 の記事一覧