ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

帝王切開回復のコツは、とにかく早くから歩くこと!

      2018/07/14

手術日が近づいてきて、『腹を切る』ということに何気に怯えています…

前回の出産の前、「帝王切開後はできるだけ早く動いた方が、回復も早く、腸閉塞にならない」ということを聞き、痛みを我慢して動くことを心がけました。

結果、早く回復できたと思うので、今回も頑張って動くようにしようと思います!

スポンサーリンク

息子の出産を振り返る

帝王切開当日

■13:00
帝王切開。
出産後の部屋では、息子を隣に運んでくれましたが、抱っこはおろか、身動きも出来ませんでした。

↓首を傾けるのが精いっぱい・・
帝王切開
■ 夕方ごろ
右足がちょっとだけ動かせるようになりました。
手術後も背中からの麻酔を流していましたが、麻酔が左側から流れる影響で、左足はぴくりとも動かせませんでした。

帝王切開翌日

■ 7:00
ベッドの上で座る。

■ 8:00
朝食:お茶のみ
息子との対面、授乳
痛み止めの座薬を入れて貰う。

■ 10:00
歩行の練習 トイレまで歩けたので導尿を外す。身軽になりました。

この日は積極的に歩き、おかげで3日目には痛みはあるものの、周りから見たら普通にすたすた歩けるまでになりました。

沖縄 ハートライフ病院さんの必見ブログ!

沖縄・ハートライフ病院のブログ必見です!画像付きでとても分かりやすいです。

帝王切開後は早期離床が大事 

これから帝王切開を受ける方へ(術後のラクラク離床?)

自然分娩の予定が急遽、帝王切開に切り替わることもあるので、事前にさらっと目を通しておくといいと思います!

追記)1回目の帝王切開後は、無理して身体を動かすようには言われませんでしたが、2回目の帝王切開後は、とにかく動くように言われました。(同じ病院)

 

 - 出産・帝王切開 の記事一覧