ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

授乳中の虫歯治療

      2016/05/27

銀の詰め物をしている奥歯が欠けていて歯医者へ行ったところ、虫歯が見つかってしまい何年かぶりの虫歯治療となってしまいました。

スポンサーリンク


授乳中なので麻酔の影響が心配でしたが、影響ないとのことで即治療に・・
(⇒ 念の為、治療になることを想定して事前にネットでも麻酔は影響ないことを調べて行きました)

虫歯予防に力を入れている歯科なので、『子供は決して虫歯にさせないように』、『小学生までの虫歯は親の責任』、そして『虫歯なんて昭和の病気だ』とまで言われました。

特に3歳までは甘いものを極力食べさせない事も強く言われましたが友人の子供たちを見ていると、普通に甘いお菓子を与えているようなので、なかなか避けるのは難しいかもしれません。
でも虫歯治療の痛みはできることなら子供には味あわせたくないですね。

待合室には、2歳くらいの男の子と6ヶ月の赤ちゃんを連れたお母さんが居ました。
赤ちゃんはクーファンに入れて、治療中はお兄ちゃんに見ておくように伝えていましたが、二人小さな子供がいると大変そうです。

 - 生後3ヶ月 の記事一覧