ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

【乳児湿疹】生後0~4ヶ月まとめ【娘編】

      2018/06/11

娘の乳児湿疹が生後4か月で一段落したので、一度経過をまとめてみます。

尚、息子は、生後3か月ぐらいから湿疹が広がり始め、生後5ヶ月ぐらいが悪化のピーク、対処法も違いと、同じ兄弟でも差があるため、あくまでも経過の一例として見ていただけたらと思います。

乳児湿疹0ヶ月~4ヶ月まとめ

部位 0ヶ月 4ヶ月現在
3ヶ月~ 茶色いフケのようなものが地肌に付き始める。 → 放置 特に何もせず。
→息子・娘とも、1才過ぎに自然に治った。
1ヶ月~ 悪化
→ 何を塗っても悪化するので、落ち着くまで何も塗らず
 2ヶ月~ 美肌
こまめにパックスクリーム塗布
トラブルなし トラブルなし
1ヶ月~ 真っ赤なただれ、浸出液、臭い 毎日ボディーソープを付け洗う、よく乾燥させるで〇、ジュクジュクした時や臭う時はポリベビーで〇
1ヶ月~ ボツボツ
→ パックスオイル
パックスクリーム
身体 1ヶ月~ ポツポツ
→ パックスオイル
パックスクリーム
 1ヶ月~ ガサガサ
→ パックスクリーム
両脇を持って抱っこや高い高いをするようになり、指が当たる部分が赤くガサガサに。
パックスクリーム、プロペト
おしり トラブルなし
→パックスオイル◎
トラブルなし
→パックスオイル
1ヶ月~ ガサガサ
→ パックスクリーム
抱っこ紐が当たる太ももの内側が
真っ赤でガサガサ
パックスクリーム、プロペトを塗るも治らず

この他、娘は蚊やダニに刺されることがあるのですが(息子は刺されなかった)、その時は、ポリベビーやプロペトを塗っています。

スポンサーリンク

市販薬一覧

パックスシリーズ

● 我が家の基本の保湿。

● 息子・娘ともおしりの赤いただれには、お湯で流した後、パックスオイルを塗ると良くなりました。

● 現在、4才息子&2才娘、身体は全身シャンプーを使い続けています。

プロペト

かかりつけの小児科は、ヒルドイドを推奨していて、プロペトは効果ないと処方を渋りますが、特に耳切れや掻き壊しの保護などには効果ありと感じるので、処方されなくなったら市販のものを購入しようと思います。
(ヒルドイドは、血管拡張作用がある為か、息子は顔に塗ると赤くなった。
娘は良くも悪くもなく効果が不明)

● 首がジュクジュクしたときと虫刺されに。

スポンサーリンク



湿疹経過画像

● 生後1か月
鼻と目の間にポツポツと出始めた湿疹、僅か2日でここまで酷くなりました。
乳児湿疹
●1週間後
湿疹は顔全体+身体に広がりました。
IMG_2276
●2日後
火を噴いていたような湿疹の勢いがなくなり、地肌が見えてきました。
最初に悪化した顔の上半分はキレイな状態になりました。
IMG_2300
●その後10日間ぐらい
湿疹は一進一退を繰り返します。
この頃から首のただれが酷くなり、浸出液でジュクジュク、また鳥小屋のような臭い(=ブドウ球菌の繁殖)もするようになりました。
襟元は浸出液で黄色に。
IMG_2348一方、顔はだいぶキレイな状態になりました。所々粉が吹いているぐらい。
IMG_2351

●4ヶ月現在
特に顔はツルツル!

dsc_4774_20161106_979
追記)1才現在、特に何も塗っていませんが、トラブルはなくなりました。

 - 乳児湿疹 の記事一覧