ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

娘まもなく1才!2才差育児を振り返って

   

明日で娘が1才を迎えます。
あのちっちゃかった赤ちゃんが、もう赤ちゃんではなく幼児!
息子の時に比べると、本当にあっと言う間に過ぎた1年でした。

息子、娘、2人とも6月産まれでちょうど2才差(2才+0才)、産まれるまではやっていけるのか不安ばかりでしたが、案ずるより産むが易し、振り返ってみれば、大変なことよりも楽しいことばかり思い返されます。(→出産の痛みも薄れていくので、きっと大変なことは忘れてしまうように出来ているのでしょう)


スポンサーリンク

あとで書こうと思うといつまでも書けないので、とりあえず書き留めておきあとで編集したいと思います。

■産前に心配していたこと
・赤ちゃん返り
→上の子の、いわゆる赤ちゃん返りはなかった。

・上の子が下の子を叩いたりいじめないか
→上が下を叩いたりすることはなし。逆に半年以降は娘が兄を叩いたり髪をひっぱったり苛め、息子がおもちゃなど取られそうなときは、「〇〇(娘の名前)嫌なの、ママ抱っこしてて(涙)」と泣く。(娘は遊んでいるつもりでニコニコしながらいじめる・・)

・平日頼る人が居なくてやっていけるか
→結果的になんとかなった。一時保育やファミリーサポートも手続きが面倒で結局利用せず。

■想定外だったこと
・2番目の子育てはラク!・・ではなかった。
→よく下の子は手が掛からないと言いますが、全く逆!手が掛かる。

■大変だったこと
・外出
二人連れての外出は今でも大変。
上の子が歩いてくれないと困るので、春頃までは近所の公園ぐらいし行けなかった。

・トイレトレ
まさに今。トイレトレは完了したが、外出時に娘を抱っこしての、トイレの介助がかなり大変。
皆どうしているんだろう。

娘が泣きだしそうなので中断!

 - 2才 の記事一覧