ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

乳児湿疹・アトピー 劇的に改善!? 生後8ヶ月の様子 

      2017/02/03

生後5ヶ月ぐらいから続いていた胸のがさがさが8ヶ月を過ぎた頃から劇的に良くなってきました。

赤ちゃん アトピー

ずっとうっすら赤く小さなボツボツが胸全体に広がってかゆみも強そうでしたが、気が付けばつるつるの地肌が現れてきました。(逆に胸の周囲に所々赤い斑点上の湿疹ができます)

スポンサーリンク

良くなってきた理由として考えられるのは、

  1. 離乳食が進み、腸が強くなってきた
  2. お風呂上りに滴を取る前に厚めにプロペトを塗布
  3. 塩素除去のため、湯船にアスコルビン酸を入れている。

よくアトピーと腸との関係が云われますが、タンパク質を取るようになってきてうんちが劇的に臭くなり、臭いは大変なのですが・・その分腸内細菌が増えて肌が強くなってきた感じも受けます。

プロペトは小児科で処方してもらってます。

ただ、かかりつけの小児科はヒルロイド派なので、プロペトは多めに処方してくれないのが難点です。

水道水の塩素が肌に良くないとのことで、塩素除去の為、ビタミンC(アスコルビン酸)を入れています。
最初に買ってみたのはこちら。

はっきりした効果は分かりませんでしたが、私自身の肌(特に腕)がなぜかつるつるしてきたのはビタミンCの効果なのかもしれません!?

次に、コスパが良い大容量のビタミンCを購入して、湯舟に入れてみています。

まだまだ乾燥する季節なので、特に耳の下、左の足首は保湿をしないとがさがさになります。

顔は引き続きパックスベビー ボディークリームを塗っています。
耳の下の耳切れにはワセリン(プロペト)が効きます。

 

 - 乳児湿疹, 生後8ヶ月 の記事一覧