ゆる子育て、ときどきアウトドア

幼稚園児の4才息子・イヤイヤ期の2才娘との日々の記録です。

2才~3才(年少の一つ下)の習い事を振り返って。

   

幼稚園入園まであと1ヶ月半ぐらいですが、3才の息子(幼稚園年少の一つ下の年)が4月から始めた習い事についての感想を書き留めておきたいと思います。

習い事を始めようとしたきっかけ

習い事を始めた4月は、息子が2才10ヶ月、娘が生後10ヶ月の時期でした。
娘もだいぶ成長しましたが、まだまだつかまり立ちができるようになったぐらいの赤ちゃん。
2人を連れて外出するのは近くの公園が精一杯でした。

プレ幼稚園にも申し込んでいましたが、それは月3回、午前中の1時間半程度なので、『プレ』と『公園』と『家遊び』だけでは息子の体力があり余り過ぎ、家の近くで『習い事』を探し始めたのでした。

そして始めたのが、『リトミック』と『スイミング』と『体操』の3つ。

これらの習い事を選んだ理由は、
● 近くて(歩ける距離)安いから!
です。

そんな浅はかな理由で始めた習い事ですが、意外とこの時期に、この3つの習い事をさせて良かったなーと感じています。

スポンサーリンク

以下、それぞれの習い事に対する感想。

リトミック

費用:1,500円/月

リトミックについては、『先生のピアノに合わせて動き回るもの??』程度の知識しかありませんでしたが、実際に通ってみると、音楽に合わせ楽しく身体を動かしながら、自然と音感やリズム感、音を集中して聞く力などが育つ、とても奥深い世界でした。

とにかく、場所見知り、人見知りが激しい息子ですが、ピアノに合わせて全速力で駆け回ると、一気に緊張がほぐれるようで、毎回とても楽しんで参加しています。
また生活の中で音がすると、『高い音』、『低い音』、『怖い音』、『ライオンが来るみたいな音』、など一つの音に対して色んな想像力を膨らませたり、テレビなどから歌が流れると、歌詞や曲調を変えて、自作のヘンな歌を歌ったりするのはリトミックの影響だろうなーと感じています。

そして、何と言っても、ほとんど抱っこ紐の中でウトウトしながら参加していた娘が、1才前にリトミックの曲や動作を覚えてしまっていたのには驚かされました。

下の子がいる場合、かなりお得な習い事だと思います。

親は全く音楽の素養がないので、子供達には音楽を楽しめるような素地が楽しく自然に育ってくれたらいいなと思っています。

子供達が好きならば、ずっと続けさせたい習い事。

 

スイミング・体操

費用:6,400円/月
スイミングと体操がセットになった習い事。(どちらか一つの受講は不可)

親としては、体力が付きそうな『スイミング』を習わせたかったのですが、セットなので通い始めた『体操』を息子がとにかく気に入り、スイミングは毎回『行かない』とイヤイヤが酷いのに、体操は『早く行こう行こう!』と毎回喜んで行きます。
同じ場所、同じ先生なのに・・・。

体操と言っても、息子が通っているクラスは遊びの延長で、友達と公園で遊んでいる方がよっぽど体力付きそうな内容ではあるのですが、親と離れて集団で指示通り動くという点では物凄く成長。
最初は立っているだけだったのに、曲に合わせてダンスを踊っている姿を見ると、ついこの間まで人見知りが激しかったのに成長したなーと感じます。

スイミングは嫌いなだけあり、1人だけ全く進級しませんが、、、お風呂で髪を洗うのを嫌がらなくなったり(→それまではちょっとでも水滴がかかるだけで洗髪を拒否していた)、体力が付いたのはとても良かったです。
親としては、スイミングは続けさせたいところですが、イヤイヤ通っても嫌になるだけなので(親で実証済み)、一旦退会し、年長ぐらいで再び自分から通いたいと言ってくれたらいいなと思っています。

大好きな体操は『辞めたくない』と言うと思うので、別の体操教室へ通う予定です。
何故、今の体操教室ではなく変えるのかについてはまた改めて書こうと思います。

 - 3才 の記事一覧